FXと外貨預金の違い

   
   
 
口座開設
FX入門!口座・業者の選び方の
 
FX業者比較一覧表
 
口座開設人気ランキング
 
取り扱い通貨比較
手数料比較
レバレッジ比較

 

 

FX(外為替証拠金取引)と外貨預金は外貨を買うという点では似ていると思われるかも知れません。

外貨預金の場合は、資金の範囲でしか外貨を購入できません。
1000ドル購入しようとすると1ドル100円として10万円の資金が必要となりますが、FXの特徴であるレバレッジ(少ない保証金で取引出来ます)をかければ、10倍なら1000ドル購入に10000円・100倍なら1000円の保証金で取引ができるため小資本でも取引がしやすくなります。

また、外貨預金では外貨を購入することからしか始められません。この場合、購入後円高に相場が大きく動いた場合に相当の損失が出てしまいます。
しかし、FXでは外貨の売りからも始められるので、円安/円高どちらの相場でも利益を出すことができるのです。

手数料についても大きく違います。
外貨預金では1ドルにつき2円程度の手数料がかかるのが一般的です。(ネット銀行では安いところもあります。)
これは仮に10000ドルを100万円で購入した場合、2万円の手数料がかかってしまうのです。
ということは購入時より2円円安に向かってチャラ、ようやく金利がプラスになるということになります。

FXの場合、10000ドル以上の場合ほとんどの業者が手数料が0円・スプレッドが0〜9銭程度ですので圧倒的にFXの方が有利・お得ということになります。

唯一、外貨預金と比べてFXの欠点とも言えるのがスワップです。スワップはあくまで金利差の受け取りですので2国間のの金利差が少なくなれば金利も少なくなります。
ただし、これは日本が高金利になった時に発生する問題で、そうなれば国内で定期預金に乗り換えるという方法を取るのが良いかもしれません。実際に日本の金利が高金利通貨より高くなっていくというのは現在の状況ではまだまだ先の話となるという予測からFXの人気が続いているのかと思います。
またレバレッジを上手に活用すれば元本以上の資金で運用できますので金利も外貨預金より多く受け取ることもできます。

また、決済のタイミングについてもFXが圧倒的に有利です。
外貨預金では満期日のレートで自動的に円に戻されてしまいますので、為替損が出ていても関係ありません。
しかしFXでは24時間(土日など除く)注文ができますので自分のポジションに利益が出た時点で自由に売買が出来るのです。

ですので外貨預金をするつもりの人にもFXでの運用をおすすめいたします。


 
FX入門-外国為替証拠取引-初心者向けサイト-
 (c)2009 All rights reserved