為替が動く要因は?

   
   
 
口座開設
FX入門!口座・業者の選び方の
 
FX業者比較一覧表
 
口座開設人気ランキング
 
取り扱い通貨比較
手数料比較
レバレッジ比較

 

 

FXスワップ金利よりトレードによる差益の方が断然儲かります。
しかし、ポジションを保有したところからレートが上に行くのか下に行くのかは確率的に二分の一です。ですので運だけの取引をしていては大抵良くてプラスマイナスゼロ・スプレッドを考えればマイナスにもなりかねません。

そこで、為替の変動がどのような要因で動いていくのか勉強していきます。
基本的には「経済状況の良い国の通貨は上がり、悪い状況の国の通貨は下がる」ということです。FX業者の情報マーケット情報では各国の経済発表を随時掲載しています。
例えば経済成長率・失業率などは最も注目される指標です。

また、政策金利の差も重要な為替変動の要因です。日本が経済大国でもあるにも係わらず円安に向かっていたのは日本の低金利が続いていためです。
これは金利差も重要ですが、今後金利が上がるのか下がるのかの方が重要のようです。
その時点で金利差が大きくても、今後大きい方の通貨が利下げ傾向だとわかれば売られていく傾向があります。
為替は現時点の状況だけでなく、今後のそれぞれの国の経済状況や金利がどうなっていくかいうことで変動していくことの方が多いかもしれません。

日々経済指標や要人発言などによってレートは動いていきます。まずはどうのような指標や発言で為替がどう反応するのか覚えていく必要があります。
これは各業者が提供するメールマガジンなどを読んでいると自然と頭に入ってくるものですので、日々それらの情報と接するようにしていきましょう。

また、日経平均株価・アメリカのダウ市場の動向を中心に世界の株価の動きも非常に重要です。
他のページでも紹介しているのですが、「株高=円安」「株安=円高」という図式がずっと続いています。これは低金利の円で資金を調達してよりより高金利の外貨や株式で運用する手法です。ですので、株価が下がると円キャリートレードをしていた人たちが円に資金戻して円高になるということのようです。

各国の主な経済指標


アメリカ

雇用統計
新規失業保険申請件数
小売売り上高
貿易収支

政策金利

ユーロ圏 各国のGDP・貿易収支


イギリス

住宅価格
生産者物価指数
鉄工業生産

政策金利


オーストラリア

完全失業率
新規雇用者数
RBAキャッシュターゲット(政策金利)


ニュージーランド

完全失業率
政策金利


南アフリカランド

GDP
消費者物価指数
貿易収支
政策金利


カナダ

住宅着工件数
新築住宅価格指数
完全失業率

政策金利


カナダ

住宅着工件数
新築住宅価格指数
完全失業率
政策金利


スイス

GDP
貿易収支
政策金利


日本

失業率



 
FX入門-外国為替証拠取引-初心者向けサイト-
 (c)2009 All rights reserved