FXのレバレッジとは?

   
   
 
口座開設
FX入門!口座・業者の選び方の
 
FX業者比較一覧表
 
口座開設人気ランキング
 
取り扱い通貨比較
手数料比較
レバレッジ比較

 

 

レバレッジとは元々「てこの原理」という意味の言葉だそうです。

FXは個人と業者の相対取引となります。
個人は業者に保証金を預けることで外貨の取引ができるのですが、通常1ドル100円の場合に1万ドル購入するなら100万円が必要になリます。

しかしFXのレバレッジを利用すれば、この保証金を少なくすることができるのです。
例えばレバレッジ10倍なら1ドル100円の場合に1万ドル購入するなら10万円の保証金で取引出来ます。
10万円で100万円相当の運用ができるのでとても効率がよくなります。
もちろん、損失が出る場合も10倍になりますので、高ければ良いというものではありませんが、短期トレードで勝つ場合場合は非常に効率がよい運用となります。
レバレッジをかける時に注意したいのが「ロスカット」です。ロスカットは業者がお客様の資産を守るためある水準の損失が出て時点で自動的に決済するというものです。
外貨は株のように倒産して資産がゼロになるという可能性が極めて低いのですが、レバレッジをかけることで資産がゼロになってしまう可能性が出てきます。これを防ぐだめに導入されているルールです。

レバレッジは、2倍から100倍程度としている業者が多く、中には200倍の運用をできる業者もあります。レバレッジを高くするほどロスカットラインも厳しくなってきます。
スワップ狙い長期運用では1〜5倍程度・短期トレードでは5〜20倍程度・デイトレードでは20倍〜200倍程度と運用目的によって使い分けるのが一般的だと思います。

レバレッジは上手く使えば資産の増大に、誤った使い方をすると資産の大きな損失となりますのである程度を積んでから大きくするようにしていってください。





 
FX入門-外国為替証拠取引-初心者向けサイト-
 (c)2009 All rights reserved