スプレッドとは?

   
   
 
口座開設
FX入門!口座・業者の選び方の
 
FX業者比較一覧表
 
口座開設人気ランキング
 
取り扱い通貨比較
手数料比較
レバレッジ比較

 

 

スプレッドとは、買値と売値の差のことです。
この差は業者・通貨ペアごとに違いますが、例えばドル円なら…

売値(Bid)100円100円49銭
買値(Ask)100円50銭


とされていたりします。
この差はFX業者の手数料にもなっていますが、私たち取引するものにとってはなるべく少ない方が良いのです。
1万通の取引なら1銭で100円違いますので是非頭に入れておいてください。

特にデイトレードの場合は、このスプレッドの差が非常重要なポイントの一つになってきます。

スプレッドは多くの業者で固定ではなく、相場の変動状況により差が広がる場合があります。
これは値動きが激しい時に業者が損害を受けないための処置です。

ただし、スプレッドが小さく一見お得な業者でも、システムが不安定だったり重大指標時にスプレッドが広がることが多かったりするとあま良くない場合もあります。

スプレッドや手数料は業者の利益ですので安かろう悪かろうではいけませんが、やはり信頼のおける業者でありつつスプレッドの狭いところで取引するのが良いでしょう。

初心者の場合は情報ツールの充実しているとる業者というのも重要です。
スプレッドだけで選ぶのはある程度の知識が備わってきてからでも遅くはありません。

最近では米ドル/円のスプレッドが1銭・0銭などという業者も現れてきました。
これなら短期トレードでも利益が出しやすくなってきています。

また、ポンド/円は比較的スプレッドが大きい(6銭から10銭程度)通貨ペアですが、変動率も大きいためデイトレードで選んでいる人が多いようです。


 
FX入門-外国為替証拠取引-初心者向けサイト-
 (c)2009 All rights reserved