1日の時間の流れ

   
   
 
口座開設
FX入門!口座・業者の選び方の
 
FX業者比較一覧表
 
口座開設人気ランキング
 
取り扱い通貨比較
手数料比較
レバレッジ比較

 

 

為替は24時間取引されているのは他のページでも紹介しました。

基本的にはニューヨークのクローズド時間一日の終わりとしています。

その時間とかぶさって、日本時間の早朝4時にニュージーランドのウェリントン市場がオープンします。
その後、7時にオーストラリアのシドニー市場がオープンします。

9時には東京市場がオープンし、相場の動きが活発になってきます。
午前アジア市場が相次いでオープンし午後は相場の動きが落ち着いてきます。

夕方午後4時〜5時頃には欧州勢の参加で相場の動きが活性化してきます。
その後夜10時にニューヨーク市場がオープンし、一日で1番取引が多くなる時間となります。

参加者が多いほど相場は動きやすくし市場オープン後は特に取引が活発になることから、東京市場のオープン時(朝9時頃)・欧州勢の参加時(夕方5時頃)・ニューヨーク市場オープン時(夜10時頃)が比較的相場が動きやすいと言えます。

短期トレードではやはり相場が動く時間を狙って勝負したいところですので、ご自身のスケジュールに合わせてどの時間帯で取引するかを考えてみるのがいいと思います。

デイトレードでは動かない時間にポジションを持ってしまうとけっこうイライラしてしまうかも知れません。


 
FX入門-外国為替証拠取引-初心者向けサイト-
 (c)2009 All rights reserved